ひかり電話IP端末設定SIP-1800P(SIP-2100P,SIP-2400P)



このエントリーをはてなブックマークに追加
SANYO SIP-1800P をひかり電話のIP端末として使う設定です。四苦八苦の結果、使用可能になったのでメモ。
SIP-2100PやSIP-2400Pでも設定は同じ?

①SIP-1800P接続
 SIP-1800Pとひかり電話ルータをLANケーブルで接続、起動。
 パソコンもひかり電話ルータに接続。設定に使用。
 ※SIP-1800P自体でも設定は出来るようですがパソコンの方が楽。

②SIP-1800P全設定初期化
 機能ボタンを押す。
 ▼を5回押し「ソノタセッテイ」で実行ボタンを押す。
 ▼を3回押し「ゼンセッテイショウキョ」で##*を押す。画面右上に*が表示される。
 実行ボタンを押す。
 YESを選択し、実行ボタンを押す。
 ※SIP-1800PのLANポート隣のRESETボタンでは初期化されない。

再起動される。

再起動後、
エラー 484
address Incomple
と画面に表示が出る。

③SIP-1800PのIPアドレスを確認
 機能ボタンを押す。
 ▼を3回押し「ネットワークセッテイ」で実行ボタンを押す。
 ▼を2回押す。
 画面にIPアドレスが表示。ひかり電話ルータのIPアドレスが 192.168.1.1 なら 192.168.1.20 や 192.168.1.21 等。

④ひかり電話ルータの設定
 ひかり電話ルータの設定画面をパソコンのブラウザで開く。「http://192.168.1.1/」等。
 電話設定の内線設定で、SIP-1800Pを登録する内線番号をクリック。
 ユーザIDとパスワードを設定。初期値でもかまわない。

⑤SIP-1800Pの設定画面をパソコンで開く
 ブラウザ(Internet Explorer等)を起動。
 アドレスバーに http://ここにSIP-1800PのIPアドレス/admin を入力。「http://192.168.1.20/admin」等。
 ※http://192.168.1.20/ 等では日本語の画面が出るが設定は出来ない?
 認証画面が表示。ユーザー名に「admin」、パスワードに「1234」を入力。
 設定画面が表示される。英語の設定画面。

⑥SIP-1800Pの設定
 Basic をクリック。
 Primary Number ④で設定した内線番号を入力。「3」等。
 External Phone Number ④で設定した内線番号を入力。「3」等。
 User ID ④で設定したユーザーIDを入力。
 Password ④で設定したパスワードを入力。
 SIP Domain にひかり電話ルータのIPアドレスを入力。「192.168.1.1」等。
 Registrar Server 1 にひかり電話ルータのIPアドレスを入力。「192.168.1.1」等。
 SIP Proxy 1 にひかり電話ルータのIPアドレスを入力。「192.168.1.1」等。
 ※他の欄はそのまま。
 Modifyをクリック。

⑦SIP-1800P再起動
 SIP-1800Pの機能ボタンを押す。
 ▼を3回押し「ネットワークセッテイ」で実行ボタンを押す。
 ▲を1回押し「ネットワークセッテイショキカ」で##*を押す。画面右上に*が表示される。
 実行ボタンを押す。
 YESを選択し、実行ボタンを押す。
 取消ボタンを押す。なぜか取り消しボタン?
 YESを選択し、実行ボタンを押す。
 「リセットシマス」と表示後、再起動される。

設定完了?

いろいろ試した結果、これで使用可能に。
正しい設定なのかは不明。


●設定後、発着信確認
外線発信 OK
外線着信 OK
内線発信 OK
内線着信 OK
内線転送(発信) NG
内線転送(着信) OK

※外線通話をアナログ端末に内線転送でNG。
フッキングで内線番号を押しても無反応。
通話中の電話もフッキングで切断?

キャッチボタン
転送ボタン
三者通話ボタン
保留ボタン
以上のボタンが無反応。


●接続機器
IP端末 SANYO SIP-1800P Firmware Version 1.0.1
ひかり電話ルータ NTT PR-S300HI ファームウェアバージョン5.01.0015
ひかり電話IP端末設定SIP-1800P(SIP-2100P,SIP-2400P)